文化的(になりたい) 日記

映画小説漫画の備忘録。偏見100%です。

香山哲のファウスト読んだ

 

読んだ

 

 

http://kayamatetsu.com/dp_comc/p_c_5.html

 

すごい

 

天才、と一言でくくるのは失礼な気がするというか天才とは違う気がする

後天的に、というか、なんだろう

 

自分の人生における葛藤、もどかしさと真っ直ぐに長いこと向き合わないとこの作品は生まれなかったろうなと思う

というか今更だけどスマホで日記書いてるからパソコンとかだと改行どうなってるんですかね

まあ俺の俺による俺のための日記なのでご容赦

 

f:id:toyopei:20180529221701j:image

このルビすき

 

ポテ光さんの漢字のやつも笑ったけど、漫画はまだまだ新しい可能性にみちてるね

f:id:toyopei:20180529221026j:image

↑ポテ光さんの漫画の一コマ

 

 

オノマトペもかわいい使い方あった

 

f:id:toyopei:20180529221150j:image

ムシャブルブル、、、

かわヨ

 

 

好きなところいくつかのせて一言

 

f:id:toyopei:20180529221325j:image

↑私のことですね


f:id:toyopei:20180529221554j:image

ひねくれすぎててすき

f:id:toyopei:20180529222224j:image

わかる
f:id:toyopei:20180529222220j:image

わかる、、

 

 

常に無駄に世の中のこととか自分の内面について考え事をしちゃってるような、単純に人生を謳歌することができない僕みたいな人におすすめしたいな

 

好きそうな人読んでみてください

デッドプールみた

 

 

今更みた

 

f:id:toyopei:20180522195933j:image

 

おもしろかった

 

 

レディープレイヤーワンみたから特にそう感じるけど、最近の映画はパロディってか往年の名作を前提に名シーンとか特徴的な部分を随所に取り入れる傾向がありますね

 

というかいろんな記事を見たけど、舞台の世界でいういわゆる"第4の壁"を越える作品が昔からたくさんあるんだなっていうことを今更知った

 

まあいわゆるメタ的な要素ですね

デッドプールはだいぶでてきますね

 

なんか最初から第4の壁ふつうに越えてくるから主人公をどう捉えていいのか(映画ということを理解しつつ演じているのか)、主人公の立場がいまいち理解できなくて最初は戸惑ってしまいました

これは筒井康隆の「残像に口紅を」を読んだときと同じきもち

俺はどうでもいいところにこだわる節がある

所詮アメコミ映画だから気楽にみるのが正解なんだろうけど

 

 

 

メタ的表現、それ自体は嫌いじゃないんだけど露骨に出してくるとイラッとして嫌いなんだよな

たとえば◯川◯ンダーザブリッジの映画のメタ的表現は逃げというか言い訳感ありありというか、映画の内容を説明させるなよというか、原作ありきの映画の設定は言葉じゃなくて、せっかくの映画なんだからOP映像とか会話の中の表情の機微でみせろよという感想を持ってしまう

 

なんか感覚的なものだから説明はしずらいけど

 

そうゆう意味ではデッドプールは俺の中ではギリギリのラインだった

つまり何が言いたいかというと、なんかごちゃごちゃ言ってるけど面白かったです

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

ララランドについて

 

 

ララランドについていろいろ考えてたんですよね

 

 

結果として、セブとミアはもう付き合わないしまた2人で会うことはないだろうけど

 

最後にセブズにミアが(偶然)入って今までの2人を思い出したみたいに、これからセブがジャズをやって有名になっていくたびにどこかでそれをみたミアがセブを思い出して

 

ミアが女優として有名になっていくたびに、セブもミアとのことを思い出すっていう

 

なんか、いいよね、、、、

尊い関係だね、、、

 

ちょっと間違えればというか、悪い風に考えればあいつを越えるために頑張るみたいな捉え方されちゃかもしれないけど、ララランドみてそう思う人はいないだろ

 

お互いの存在をどこかでふと思い出す度に元気をもらえる関係っていいですね

 

 

いや〜〜胸が苦しくなるな

グレイテスト・ショーマンよかったけども、ちょっと俺には明るすぎるというか眩しすぎる

ララランドみたいな、寂しさが残るラスト最高ですよ

俺の大好きなバンドのくるりもほぼ全ての曲に寂しさがあるな

明るい曲調の歌でも然り

 

なんか寂しさをかんじさせる作品が好きなのかもしれないですね

陳腐なやつとか露骨なのはやだけど

 

当方激しかったり騒いでたりするやつはどんな作品でも好きじゃないので、平和でゆったりしてて、緑が多い公園で観れる又は聴ける又は読めるような作品求めていますよろしくお願いします

 

 

くさい文章になってしまったな

おわり

 

時そばきいた

 

最近落語をきこうとおもって

 

いろいろ聞いてたんですけど、志らく時そばがいいっぽいんでイヤホンで聞いたんですが、これ時そば聞いてる人ならわかると思うんですけどそばをすする場面があるんですね

 

動画で見ると本当においしそうにすすってるんですよ

扇子なんかを使ってね

器用にやってるんですよ

 

つまり何が言いたいかっていうと

 

イヤホンで時そばを聞くと耳のそばでズズー!ズルルッ!!スー!!ジュルル!!!って聞こえてきてめっちゃくちゃ不快だったってことでした

 

 

 

ここまで書いて思い出したけど、前バレエを好きになりたくて(昴という漫画を読んだから)ボレロっていう演舞をみてたんだけど、理解できないまま終わってしまって悲しかったな

 

昔からずっと続いてて由緒があって、何万もだして座席を買うような人がいるスポーツ?を楽しめないっていうのはお前はセンスないんだぞって言われてるみたいで悲しい

 

世の中の全ての文化を楽しみたいですね

なんか本当に最近思うけど人生1回じゃ足りないな

 

足るを知るって言葉があるけど、なんか諦めた人の慰めの言葉って感じしませんか?

もっともっとって頑張ってる人にYOUさあ、、そんなに頑張ってどうするの?足るを知りなよ的な

そもそも足るを知ってる人はそんなこと言わないか

とりあえず足るを知ったらもうそこで終わりな気がする

 

 

 

 

結局何が言いたいかっていうと落語は生で聴きに行くべきってことでした

時そば、おもしろいのに未だにあのズズー!って音が思い出されてしまうな

 

 

 

あとこれは関係ないけど金を払うから素手で殴らせてくれないか?って小説の1ページです

f:id:toyopei:20180513224344j:image

現代日本文学って感じがして最高じゃないですか?

ストーリーとか気にせずに語感の気持ち良さ突き詰めてる音楽で行ったら相対性理論てきな?

木下古栗さんいいですよ

 

 

プレモルの広告みてきた

 

 

みた

広告をみるためだけにわざわざ渋谷に行った

 

f:id:toyopei:20180509154054j:image

 

サントリープレミアムモルツ

 

これ、左ききのエレンっていういまジャンプ+でやってる広告代理店の漫画の中の架空の会社が作った広告なんですよね

のが多い

 

 

すごくないですか?

サントリーから発注きたところからどんなコンセプト、テーマでどんな媒体で広告にしようっていうプロセスを全部漫画でやっちゃおうっていう

しかも実際にそれが僕達が目にできるところに掲載されるっていう

当たり前のことだけど、1つの看板の背景にはたくさんの人達が関わってて、デザインに意味のない部分なんてないんだなってのがわかってすごい好き

こんなんビール好きじゃなくても見に行っちゃう

人が多くて写真は撮らなかったけども

感動した

 

 

プレモルという商品を「最高から最愛に」するために、漫画内では最高は程度、最愛は頻度だと解釈して、夕焼け空を見る度に商品を思い出せるようにっていう思いを込めてこの広告を作ったらしいです。

特別な日に飲むものって位置付けから、なんでもない日にも飲んでもらえるようなものへって感じ?

説明下手だし俺が言うのもなんか違うのでツイッターで検索すればいいんじゃないかな

 

漫画本編でいうと、ウィークデイの広告に似てますね

デートの日の化粧品ではなく、平日の化粧品、的な

 

左ききのエレン、cakesっていうサイトで連載してた頃から、もっというとnoteに試作版を載せてた頃からずっと好きだったから、なんか本当に感慨深い

 

f:id:toyopei:20180509154458p:image

 

ここから

 

f:id:toyopei:20180509154753p:image

 

こうなってくこのかんじ

 

漫画って絵のうまさがすべてじゃなくて、何が伝えたいかなんだっていうのがわかる

なんかうまく言葉にできないからまたあとにしよう

 

とりあえず余談

 

僕は幸せって後から気づくものっていうの、星のカービィプププでデデデな物語って漫画で知ってすごい好きだったんですけど、

最近どっかの認知療法系サイトで、幸せとは断念の後の悟りである。ってのみてなんかそっちのが好きになりました。

俺が幸せじゃないって思ってるのはまだ断念してないから、諦めてないからなんだなって思ってポジティブな気持ちになる

 

あとデザイン関係でいうと、五輪エンブレム佐野研二郎さんのやつ高級感あっていまだにこっちのがよくない?と思ってしまいます

f:id:toyopei:20180509155746j:image

かっこよくない?

ちょうどいま左ききのエレンで2011年の問題についてやってるから語りたいな

誰か左ききのエレン知ってる人いないかな

キックアス ジャスティスフォーエバーみた

 

キック・アス ジャスティスフォーエバーみた

f:id:toyopei:20180505123244j:image


なんかあれだね

認知療法的なみんなで椅子囲って座って自分のコンプレックスを話すのはアメリカでは一般的になってるんですね

いろんな映画で見るね

 


認知の歪みを治そうとおもってブックオフの心理学コーナーで立ち読みした時に書いてあってこんなん無理だろと一笑に付してしまったけど

ちょっとやってみたい気もする

 

 

 

結局何が言いたいかって言うと、正体を隠しながら戦うヒーローはかっこいいですねということ

あと一作目より二作目の方が面白いっていうのはなかなかないな

兄より強い弟が存在しないように

映像の派手さはかなり進化してたし、相変わらず音楽に合わせた軽快なアクションはうまかったね

 


クロエグレースモレッツも相変わらず可愛かったけど、もうあのコスチュームは無理がある気がする

 


世界三大幼女は

レオンのナタリーポートマン

キック・アスのクロエモレッツ

タクシードライバーのジョディフォスター

 


この3人に決まってるんだよな~~~

かわいかった

 

おわり

 

レディプレイヤーワンさいこう

 

いうなれば、映画の名シーンや名曲がジャンルを問わずあつまった、名作のサラダボウルですね(ドヤ)

 

f:id:toyopei:20180504205855j:image

めちゃくちゃに面白かったです

ポスターあんまりかっこよくないけど

 

MMOの世界も進化したなあ

セカンドライフやってた人で現役はどれくらいいるんだ、、、

俺はMMOはレッドストーンから

FPSはサドンアタックからというお子様だけども

あの頃は戦車ってどうやってのるんだっけ?ってチャットしたらF押せって返ってきただけで俺は誰かとつながってるとおもって嬉しくて眠れなかったもんですねはやくナーヴギアを発明してくれ

 

 

というか、それなりに映画も音楽もゲームも知ってるつもりだったけどそれでも全部はわからなかったぞ

さぞつくってて楽しかっただろうな

ポプテピピックとか絶望先生とかかってに改蔵とかのパロディネタほぼわかる人ならきっと造詣それなりに深いだろうしニヤニヤしながらみれるんじゃ

 

少なくとも俺は序盤でメリーに首ったけが出た時点でおっこれはのっぴきならないなと

この先俺は試されているなと

オタクが好きな映画だなと思いました

 

こんな映画みて、今の〜〜いたねとか〜〜でてたねとか話せる友達がほしかった

 

関係ないけど、ガンダムビームサーベルをみて、なぜだかゴッドガンダムっていう体育会系がみる脳筋ロボットアニメで、ビームサーベルの熱を利用して簡易的な温泉をつくってヒロインと入るシーンを思い出した

本当に関係ないですね

 

閑話休題

 

 

 

スピルバーグのVR?子供向けだろとかおもってごめんなさい

もうシャイニングのホテルのロビーでてきた時ぐらいからニヤニヤしっぱなし

双子がハローダニーっていったとこは俺以外の人もみんな笑い堪え切れてなくてなんかよかった

俺がマイノリティではないと言ってくれた気がして安心した人混みに紛れたい

どうせならHere's Johny!!!もいってほしかったな

 

 

あれですね

なんていうかヒロインのコンプレックスがこんな出来事を経て立ち直ってアバターにも現れるようになったとか

パスワードとかアイテムとかのわかりやすい伏線とか

そうゆうのはもう全然いいんですよ

 

もはや元ネタがどれだけわかったかが重要なんですよ

俺はこれだけわかったぞ、すごいんだぞと承認欲求を満たしたいだけなんすよ

まあそれは置いといて

名曲や名シーンっていうのはただあー知ってるってなるだけでなくて、そのときにみた感情とか記憶がいろいろ思い出せますね

 

もう今の時代、どの映画にもこの映画のこのシーン、あの映画でみた!ってなるのは仕方ないことだとは思うけど、ここまで開き直って?引用されまくると逆に今のどれ使ってただろって探しちゃうしそれはそれでいいと思う

 

2年前くらいにやってたマインドファック系映画のピエロがお前を嘲笑うってやつももろユージュアルサスペクツとファイトクラブミックスだったしキングスマンニキータとキックアス+紳士ってかんじだったしな

キングスマンって書いて思ったけど秘書役も髪型と格好パクってる気がしたんだけどそれは深読みしすぎか

まあいいや

 

 

だからこそ、その元ネタもとい原作を僕達は知っていた方がより映画を楽しめるのでは

監督によってすきな部分って別れると思うし、いつか自分の好みを詰め合わせてできた映画みたいですね

その前にもっと名作を見なきゃな

俺が気づかなかっただけで、シーンとか曲だけじゃなく、カットの方法とか撮影技法でもパロってたところはたくさんあるんだろうな

 

とりあえず

オープニングはタランティーノで決まりですね

ずば抜けてオープニングが最高

長々とした冗長な台詞回しからのタイトル、挿入曲の流れは圧倒的に一位ですね

 

 

 

 

 

取り急ぎ感想でした

 

ツイッターとかで元ネタ全部羅列したやつつくられないかな

つくられるだろうな

 

 

いい映画でした

 

おわり

 

 

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

結論 みます

いや、みて欲しいというかみてるんじゃないかな

みてて欲しいな

 

ていうかそんなのわからなくないですか

あなたと僕は違うし僕の赤とあなたの赤も違うクオリアをかんじる

いや同じだよと言ってる人もそう反射で答えてるだけの哲学的ゾンビかもしれない

 

f:id:toyopei:20180504231333j:image

 

冒頭から意味わからない電波なことを言ってしまった


ゴーストインザシェル、攻殻機動隊AKIRAその他色々SFに影響を与えたブレードランナーという最高映画の原作です

ニコニコの東方とかでよくMADにされてたって印象しかなかった

 


やっぱりサイバーパンクディストピアものは最高

今だからこそブレードランナーとしてじゃなく、原題でクリストファーノーランあたりがリメイクしたら超絶大ヒットしそう

ていうかマーサーのシーンから現実になるとことかノーランだったらこんな感じの映像になるだろうな〜っていうのが容易に想像できた

ノーラン、好きなので☺️

 

やっぱり名作たる所以ある

 


村上春樹みたいな逆輸入ものの、例えばお気に入りのページをめくるような手つきで彼は〜〜した、とかまるで一人息子の写真を見せるような表情で〜〜した、みたいな英語を翻訳したような比喩みると元々どんな英文だったんだろうと気になっちゃう

 

f:id:toyopei:20180504182119j:image

こんなんとか

f:id:toyopei:20180504182130j:image

こんなん

 

うまいなーっておもっちゃう

でも完璧な比喩なんてないんだろうな

この世に完璧な絶望が存在しないようにね。

最近おれすごく気持ちが悪いな

 


結局人間を人間たらしめているのはなんなのかっていうのは僕はブレードランナー2049で決着はついたと思ってるんですけど、小説ではあまりそっち側にはいかなかったんですね

 


個人的にはもっとレイチェルとかロイ側、アンドロイド側にに重きを置いて欲しかったから(人間側の生活がだいぶ書かれてた)、映画でアンドロイド側をたくさん表現してくれたのはすごくよかったと思う。

加えて映画ではオペラ歌手への気持ちとかを省いて気持ちをレイチェル一本にみせてたのもわかりやすくていい

 

 

 

あと、あれ

レイチェルの告白、きっつーーー。

きつすぎる心は今でも童貞だからつらかった

レイチェル、お前はそんなんだからアンディなんだぞ

俺は完璧にデッカードに感情移入してたから共感性羞恥をすごく感じてとても苦しかったぞ

でも正直に言うのはいいことだと思う

本当にめっちゃ気持ちが悪いなおれ

キモいじゃなくて気持ちが悪い

 

 

 

 

 

ていうか最近本読んだらパソコンやったり集中すると鼻血でるのなんでですかね

ご飯も1日1食だしそのうちしぬのかな

 

 

 

おわり

 

追伸

 

f:id:toyopei:20180504225314j:image

どこかの刑事をおもいだした

 

 

ヨシダナギ 展行ってきた

 

ヨシダナギ 展にいってきた

f:id:toyopei:20180429204550j:image

 

いや正直なめてた

 

いや絵はわざわざみにいくのはわかる

だって油絵って描いた筆跡?がのこるし、印象派とか感情が伝わってくるし

でも写真もそうだった

画像で見るのとはまじで雲泥の差

月とスッポン俺と長瀬智也

実際にいってみるよりも綺麗なんだろうな

 

 

 

 

迫力が違う

なに?

 

f:id:toyopei:20180429204756j:image

 

やばいですね

神々しい

こんな感動樹を巡る物語展みにいったときのギュスターヴどれのスコットランドの渓流的な作品以来

 

 

f:id:toyopei:20180429204938j:image

 

なんか元気が出てくるな

最近胃が荒れてるのかストレスなのか知らないけどほんとにご飯が食べれないんだよな

昼は頑張って食べてるけど

 

誰かと出かけたときに何も食べれないの申し訳なさすぎる

ソイレントグリーンだけ食べて生きてたいな

 

f:id:toyopei:20180429205132j:image

 

おはようございます!お腹がすいたらソイレントグリーンを食べましょう!

f:id:toyopei:20180429205155j:image

長い目でみれば最高の自給自足だよな

まだこの映画みてないけども

 

 

 

最近働いてる時は元気なのに(無理してるわけではなく本当に元気)家に帰ると暗くなってしまう

感動っていうのは読んで字の如く感じて動くことなので、ヨシダナギ展をみて感動したならいい方向に動きたいですね

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

f:id:toyopei:20180505012959j:image