大学生の文化的(になりたい) 日記

ずっと体育会で生きてきた大学生が文化人を目指すブログです。基本映画のことばっかりです。

損保ジャパン美術館の、樹をめぐる物語展に行ってきたよ

 

 

こんばんは

 

前に6月中には行きたいって言ってた、樹をめぐる物語展にいってきました

 

f:id:toyopei:20160613221802j:image

 

最近まじ有言実行

 

部活の方も有言実行できればいいんだけど

 

 

美術館とかって、皆暇があるならいってみたいけど、なんかちょっとなあ〜〜ってかんじだと思います

 

僕もそうだったけど、周りの人に行くから!って言ってればいけるんじゃないかな(適当) 

 

あと結論からいうと、行ってよかったと思ってるしね

値段分(大学生料金800yen) 以上の価値は確実にあった

 

 

 

油絵をじっくりゆっくり見たのは初めてだったけど、すんごいね

 

迫力が

 

 

いや、ほんとすごかった

 

 

 

 

 

 

 

 

樹をテーマにした美術展だったんですが、樹って誰がみても「樹」ですからね

 

それを画家のフィルターを通してみたらどんなんなるのかってかんじで、面白くて

 

そうゆう意味では、写実的な絵よりも印象派とかの絵のが驚きはあった

 

 

 

 

 

でもそれが好きかって言われたらまた別で、

 

僕が今回気に入ったのを3点紹介しようと思いますもちろん独断と偏見にまみれてるよ

 

 

 

 

 

1つ目

 

モネのなんたらかんたら(忘れちゃった後で調べときますご容赦🙇) 

f:id:toyopei:20160613222640j:image

これは夕焼けの風景なんですけど、この一瞬を描きたいんだ!ってかんじが筆跡にのこってて、すごく迫力を感じたさすがモネってかんじあんま知らんけど

なんかうまく伝わらんなー

生で見てくださいよ

26日までやってるよ

 

 

 

 

2つ目

 

レオゴーソンの「樹の向こうの家?」(こんなかんじのタイトル忘れちゃ(ry) 

 

f:id:toyopei:20160613223032j:image

 これも驚き

点描画っていう書き方?らしいですね

近くで見ると、ほんとにびっしりと点でうめつくされてる

ほんとに近くでみるとよくわかんないけど、遠くでみるときれーいってなるよ

この樹、もはやほとんど青とか水色しか使ってないんですよ

でもなんかちゃんと樹ってる

すごいよねー

点描画の作品はいろいろあったけど、これが1番好きでした

 

 

 

 

3つめ

 

ギュスターヴ・ドレの「嵐の後、スコットランドの急流」

 

f:id:toyopei:20160613223432j:image

こいつはやべーよまじで

 

1番のお気に入り

まじですげえ

一回じーっくりみて、他の見た後にまたみたくなって、またみたくなってってたくさん見た

 

神々しいね

 

この人、挿絵作家らしいけど、こんなクオリティの絵を挿絵にされる絵本のプレッシャーったらないよ

詳しくは知らないけど色々調べたいよね

 

 

 

 

 

 

 

以上樹をめぐる物語展での僕のおすすめ3点でした

 他にもたくさんの作品があるし、必ず観た人の琴線に触れる作品はあるはず

ルソーとかもよかったね

 

俺もポストカード無駄に3枚買っちゃったし

1枚はお母さんに送ろうと思う

 

お母さん、僕は美術展にいってきました

東京の地で文化的に生きてます

って

 

蛇足か

 

26日までやってるし、損保ジャパン美術館は新宿にあってアクセスもいいので、一回いってみるといいと思いますよ

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 f:id:toyopei:20160613223833j:image

おまけ

42階からの風景

東京ジャングルコンクリート、、、、

広告を非表示にする