大学生の文化的(になりたい) 日記

ずっと体育会で生きてきた大学生が文化人を目指すブログです

カラーで視るシザーハンズ

 

 

 

ティムバートンとジョニーデップの伝説的なタッグの処女作である、シザーハンズ

 

ようやくみました。

 

アマゾンプライムビデオ最高

 

 

 

 

 

 

 

というわけで早速考察。

 

 

  シザーハンズは、ティムバートンだけあって色彩関係に着目してみたら様々な対比やメッセージ性を内包している作品だった。

 

順を追って考察していく。

 

 

まず最初のシーンである、主人公エドワードの城にやってくるペグから

 

f:id:toyopei:20161112193235j:image

 

画像を見てわかる通り、モノクロの城にペグのピンクの服が際立っている。

このことから、モノクロで味気ないエドワードの世界に、ペグという存在が入り込んでくる、またその存在の異質さ、非日常さが見てとれる。

  

次に、街並みをペグとエドワードが車で過ぎていくシーン 

f:id:toyopei:20161112193657j:image

 

f:id:toyopei:20161112193700j:image

画像は一部だが、数々の家の全てが淡い黄色や黄緑、ピンクのパステルカラーで構成されている。街の人々も同じで、皆それぞれが色を身にまとっていて、これは街の人々は自分の意思(カラー) を持って人生を生きているということを表しているといえる。

 

対照的に、エドワードは完全に白と黒。

f:id:toyopei:20161112193927j:image 

エドワードの服装、彩色については様々な意味があると推測されるが、あくまで街の人々との対比でいうと、エドワードは色(意思) を持たない存在であることが伺える。

 

この色の対比は、ヒロインであるキムを演ずるウェノナライダーが自毛である黒髪を金に染めていることからも、ティムバートンが徹底して求めていたことだろう。

 

 

ここで主人公のエドワードについて考える。

 

先程も述べた通り、エドワードという人間(?) は全てが白と黒で構成されている。

f:id:toyopei:20161112195402j:image

 

つまり、白という何色にでも染まる純粋さと、黒という何色にも染まらない孤独さという相反するカラーを併せ持つエドワードは、関わる人間によってその意味が左右されてしまう危険な存在であることを意味している。

 

 続きはあとで

 

原宿買い物日記

 

 

原宿で買い物すると

 

馴染みのお店、顔見知りの店員が多いので

 

いつも無駄な買い物をしてしまう

 

ちょっと思い出すだけでうん万円分は無駄な買い物をしてる

 

 

 

 

ここに宣言します

 

いらないものはいらないといい

欲しいものだけを買う

 

 

 

 

もう買っちゃったな〜って思いながら寮まで帰るのはうんざり

 

 

反省しました

喧嘩稼業の今後予想

 

喧嘩稼業の66話の反響がすごいので僕も読んでみました

 

 

熱すぎですね

 

 

f:id:toyopei:20160914213536j:image

 

 

俺も十兵衛みたいに文さあああん!!!!って叫びたい気分だったな

 

 

 

喧嘩商売でも稼業でも、やっぱり文さんが一番すき

 

櫻井も好きだけど

 

 

やっぱり第1試合で文さん対櫻井はもったいなすぎる、、、

 

 

 

 

 

 

というわけで今後の予想

 

 

66話が熱すぎたので久しぶりに喧嘩商売を読み直しました

(12巻から) 

 

櫻井に煉獄を入れたところで次週へ

 

となっているので、煉獄を打ち続け、息が切れそうなところで

十兵衛対金田戦の、十兵衛の煉獄時の気持ちを模倣するような描写があるんじゃないですかね、、、?

 

 

田島をぶっ殺したいなら、心臓が破裂してでも打ち続けろ!!

 

つてかんじ?

木多先生は良い意味で繰り返しを多く使うので、(煉獄へつながる耳ちぎりのように) 弟子の十兵衛の真似、というわけではないですが、同じような描写があると熱いと思います

 

 

 

久しぶりに熱くなりました

 

喧嘩稼業、これからも見過ごせませんね

 

 

 

 

アンチャ4面白すぎる

 

 

アンチャ4、面白すぎる

 

はい

 

それだけ

 

 

f:id:toyopei:20160911210033j:image

 

これ

ムービーじゃないんです

 

 

f:id:toyopei:20160911210045j:image

 

 

プレイ画面のひとつなんです

 

 

f:id:toyopei:20160911210105j:image

 

自由に動けるんです

 

 

 

f:id:toyopei:20160911210120j:image

 

 

凄すぎでしょ

 

 

 

 

ほんとに感動しかないし、

 

もうただただ凄い

 

凄まじい

 

 

 

 

グラフィックだけが全てじゃないってまあその通りだけど、それにしたってこれはやばいでしょ

 

 

 

 

 

ゲームってすごいと思いました(小学生並みの感想) 

雑記

 

 

というほどのものですらないけど

 

 

f:id:toyopei:20160909221942j:image

 

これと

 

 

f:id:toyopei:20160909221948j:image

 

これと

 

 

f:id:toyopei:20160909221953j:image

 

これ

 

 

 

面白すぎ

 

 

ひとしきり部屋で1人で笑いました

喧嘩稼業読んでる人しかわからないです

すみませんでした

 

 

 

 

以上

 

P.S.最近再び宇宙兄弟にはまってます

9月です

 

ご無沙汰です

 

 

アンチャ4を買いました。

 

f:id:toyopei:20160907204506j:image

 

 

面白すぎる

 

プレイする映画とはよく言ったもので、本当にムービーと自分の操作する場面とのつなぎ目がわからない!

 

ストーリーもまだ途中までしかやってないけど、かなり引き込まれるし

 

サムがイケメン

サリーもイケメン

でもこの2人に少しずつ軋轢が生まれてくるんだろな、、、

 

 

ノーティドッグ、すごい!

 

もとい、ゲームってすごい!

 

 

と、改めて思いました。

VRが楽しみすぎる

 

 

終わり

 

 

 

 

 

 

 

 

アレックス風ネコちゃん

 

 

f:id:toyopei:20160809183517j:image

 

ほんとタイトルの通りなんですけど

 

ツイッタで拾ったこの画像

 

 

時計仕掛けのオレンジのアレックス風のネコちゃん

 

 

かわいすぎ

 

 

マルコムマクダウェルの不敵な笑顔感がかなりえぐいでてる

 

何かに使いたくて、いまのとこスマホのホーム画面にしてます

 

 

それだけ

 

 

 

 

7月テスト勉強で忙しいかったけど8月も明日から北海道合宿で忙しいことに気づいた

 

言い訳か

 

暇なときあったら更新しよ

 

 

今年は心、折れたくない

レクター博士怖すぎた

 

 

羊たちの沈黙、みました

 

サイコサスペンスの金字塔

 

プロファイリングで事件を解決していく映画の元となった映画かな

 

f:id:toyopei:20160629224350j:image

 

 

 

 

いやー何回も言ってるけどアカデミー賞にハズレなしですね

 

伊達じゃないっすね

 

 

特にレクター博士

 

 

f:id:toyopei:20160629224419j:image

 

 

怖すぎ✋

 

初登場から最後まで一貫して怖かった 

 

クラリスの過去を聞くときのレクター博士の表情、イっちゃってるよ

 

 

f:id:toyopei:20160629224649j:image

↑イっちゃってる

 

 

全然種類は違うと思うけど、キューブリック監督のシャイニングを思い出した

 

あいつもいい顔してたな

 

f:id:toyopei:20160629224749j:image

↑いい顔

 

あと初見時の怖さでいったらシャッターアイランドの最初に目があう患者に近いものをこんじる

あいつ怖かった

 

 

 

プロファイリングで事件を解決ってかっこいい

カメラワークのこととかも調べて安田くんみたいなレポートつくりたい

分かりやすかったし、メイキングとかもあったから書きやすいだろ

安田くんほどのクオリティは無理だと思うけど

 

 

 

まあ昔の映画ってか、今あるサイコサスペンスの基本になった(と思ってる) 映画だから当たり前か

 

 

 

 

いやーでも見応えあった

 

マッドマックスとかマッハ!!!!!!とかの何も考えずにみれる最高映画も好きだけど、やっぱりこんな感じの映画のが好きかも

 

 

悪をもって悪を制すを体現する映画でした

 

犯人の家のとこはめっちゃドキドキした

 

 

 

 

 

 

プロファイリングってカッケー

 

 

と、思いました

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、レクター博士の脱獄手段は流石に予想できました(精一杯の強がり) 

マッドマックス最高

 

 

 

燃えた

 

 

f:id:toyopei:20160629115447j:image

 

 

男ならみるべき映画

 

行って帰ってくるだけなのにこんな熱いなんて

 

 

熱すぎるぜ、、、

 

一週間と少し更新してなかった

 

 

別に更新に時間がかかるようなこと書いてない

 

 

 

この一週間いろいろありましたので

写真とひとこと 

 

 

 

 

f:id:toyopei:20160624120032j:image

 

最近(もっと前から) 話題になっていた木下古栗さんの「金を払うから素手で殴らせてくれないか」

を買った

まさに文学

文章勝負

単純に、ほんと面白かったあとでこの本について書きたい

まちこ

 

 

 

 

f:id:toyopei:20160624120329j:image

東京ジョイポリスに行った

初お台場すごかった

フジテレビ、でけえ

いろいろアトラクション楽しかったね

お台場面白そうなところがたくさんある

彼女といきたい() 

 

 

f:id:toyopei:20160624123057j:image

自分の顔がジュゴンになっちゃう

 

 

 

f:id:toyopei:20160624120508j:image

そしてジョイポリスpsVR体験

地球の未来は安心

VR、スゲエ

このことについても紹介的なかんじで書きたい

あくまで書くじゃなくて書きたい、

でも、VRすごい。360度ゲームの世界

発売までにもう少し画質あげてくれ

あと追加注文待ってる

 

 

 

f:id:toyopei:20160624120721j:image

 

かき氷で有名なかんなにいってきた

イチゴとヨーグルトにミルク追加

 

さっぱりでおいしい

イチゴの甘酸っぱさとヨーグルトの爽やかさ絶妙にまっち

おいしいおいしいかった

 

 

 

 

 

 

 

 てかんじ

 

以外と少なかったな

でも俺にしてはたくさんあった

みんなのおかげで毎日楽しんでます

つらいこともあるけど僕は元気です

 

 

 

 

ということで久しぶり日記でした

 

 

 

 

 

 

おわり